実地指導終了Part2

報告遅くなりましたが、先月27日に、ヘルパーステーションみかん・はなみずきの実地指導が無時終了しました。
春先にスタッフ異動があり、新体制になってからの実地指導でした。
管理者はじめスタッフは日々訪問業務中心になりがちですが、書類業務もきちんとしいないといけません。
私も訪問以外は手伝いながら、準備を行いました。
当日は介護保険課の方2名来て頂きまして、やはり行政の方、読み込みがここでもすごい!
私たちの、もやっとしていたのが解決しました。
今後、国の求めている方向を把握し、健全な事業が行えるよう邁進していきます。
行政の方、スタッフの方、お疲れさまでした。

また付箋が増えました。

研修会

先月末、久しぶりの対面での研修会に参加してきました。
コロナ禍ですので、会場の50%以下での収容人数設定、来場時の検温・手指消毒、チェックリスト記入等徹底した環境での開催となりました。もちろん講師の先生も同様です。講師含め全員がマスク着用での研修でしたが、写真に題目があるように、患者様に寄り添う時にまずは声掛けから始まる。
例えば、患者様が「昨夜眠れなかったのですよ」と言われた時にどう答えるか?
➀「では今日から眠剤出してもらうように主治医に言っときますね」
➁「じゃあ、今夜は眠れますね」
➂「昨夜は眠れなかったんですね」
どれがいいかはお分かりになると思いますが、この声掛け一つで寄り添えるし、心を少し開いてくれるきっかけになるという内容を講義して頂きました。
普段の仕事にも十分対応を見直すことができるきっかけになりました。
まだまだWeb研修が主流ですが、どんな形でも自己研鑽は必要だと感じました。

Web研修会

先週末は研修会を2本受講しました!
現在のコロナ禍にありWeb研修が主流になっております。
10/24(土)午後は、愛媛県呼吸リハビリ研究会の研修で、病院勤務の理学療法士の方の細かいデータ取りと内容に感服し、ついていくのが精一杯でした。しかし、同じ理学療法士としていい刺激になります!
10/25(日)は「第7回リハ職のための地域包括ケアシステム研修会」でした。Zoomにて総勢50名以上の方が受講されていました。私は愛媛県理学療法士会の地域包括ケア推進部の理事もさせて頂いておりますのでスタッフ参加でしたが、講師の先生方の話に聞き入ってしまいました。災害時のために平時から自分たち、地域で出来る事を考え実践する大切さ、また5か所の行政(新居浜市、西条市、今治市、松山市、松前町)の方からもそれぞれの取り組み状況報告がありました。
コロナ禍ではありますが、条件は同じなので少しでも利用者様のみならず、利用者様が住まわれている地域へも目を向けた取り組みが大切であると感じた週末でした。

工作レクリエーション

お久ぶりです。
みかん幸号館です。
すっかり秋めいてきて、朝晩寒くなってきましたが、
皆さん体調崩されていないですか?

幸号館では今、工作レクリエーションがブームです。

まずは、お月見おうぎ、立体バラ、ブドウの壁画と作成しました。



写真でお届けします、見てみてください。

新しい作品もまた掲載していきます。

☆内覧会☆

昨日と今日、社会福祉法人みかん会の2つ目の施設になります、「有料老人ホームみかん・松前」
「デイサービスセンターれもん」の内覧会が開催されました!
初日は業務で行けませんでしたが、2日目の今日(9/29)、行かせて頂きました。

コロナ禍の為に、人数制限等行っての開催でしたが、居宅介護支援事業所の方、包括の方、ご家族の方等お越し頂きました。入所施設と通所介護が一つになっています。この施設が地域活性化の一つになれば幸いです。
スタッフ一同、ご利用者様・ご家族様、地域の皆様へ出来る事は精一杯行っていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。
お近くにお寄りの際は、気軽にお立ちより頂ければと思います。
感染対策を十分行ったうえで、精一杯対応させて頂きます。
施設写真をご覧ください。